NO PROBLEM 第2号

じゅうぶん使えるのに、正規品と同じ価格で販売する事ができないB品と呼ばれる製品を、「NO PROBLEM(問題なし!)」として受け入れるNO PROBLEMプロジェクト。

創刊第1号で日本のものづくりの現場をリサーチしたプロジェクトチームは、海外と日本の検品基準の違いにはその国の人々の価値観が大きく影響していると考えた。そこでプロジェクトのきっかけとなったVISION GLASS JPが輸入するインドの理化学ガラスメーカーへの取材を敢行。本社のあるムンバイやバルーチの工場を尋ね、グラスが作られる現場と、その環境をリサーチした。

インドを代表する、歴史ある商業都市ムンバイ。今も発展すを続けるこの大都市を歩くと、次々に現れる風景や屋台の食べものの匂いや車のクラクションの音などが、五官をストレートに刺激する。「生きるためにはカオスが必要だ」という建築家の言葉が、ここに生きる1800万人のエネルギーと同調し、耳に残った。

インタビュー:Borosil/Studio Mumbai
寄稿:國府田典明(VISION GLASS JP共同代表)
ドキュメント:Borosil工場イラストルポ/VISION GLASSを売る店/フォトレポート

発行:NO PROBLEMプロジェクトチーム
販売価格

300円(税込324円)

購入数


買い物を続ける